日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会プログラム

 事業名 「現代日本のオーケストラ音楽」の開催
 団体名 日本交響楽振興財団  


招待作品

 

メタフォニア

METAFONIA

この作品は1983年度日本交響楽振興財団の委嘱作品で、1984年「現代日本のオーケストラ音楽」第8回演奏会において初演されたものです。

 

012-1.gif

 

柴田南雄 Minao Shibata

 

プロフィール

1916年東京生まれ。東京帝国大学理学部植物学科、同文学部美学美術史学科卒業。作曲を諸井三郎に師事。第二次大戦後、さまざまなジャンルでの作曲活動のかたわら、桐朋学園、お茶の水女子大学、東京芸術大学、放送大学などで教鞭をとり、放送、新聞、音楽ジャーナリズムで評論活動を展開。1992年、文化功労者に選ばれる。1996年2月2日逝去。

 

作品―「コンソート・オブ・オーケストラ」(尾高賞)「追分節考」「宇宙について」(東京六大学混声合唱連盟委嘱作品)交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」「無限噴野」(遺作)他多数

著作―「印象派以後」「グスタフ・マーラー」「声のイメージ」「音楽にしひがし」「わが音楽わが人生」など

賞―第22回尾高賞(1973) 第13回サントリー音楽賞(1982) 紫綬褒章(1982) 第22回藤村記念歴程賞(1994) 勲二等瑞宝章(1996、遺贈)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,619位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
1,411

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会チラシ
2.「現代日本のオーケストラ音楽」写真
3.事業報告書
4.「オルフェウス?ギリシャ神話より?」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から