日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

稲作生態系保全プロジェクト

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


水路Cは池の二段下の休耕田のもので長さ27m、幅約60cm、水深は5〜10cm。この水路には、湧き水が流れ込み、「ガマ」(暗渠)へと流出している。水路Dは池の三段下の水田に流れ込む長さ約21m、幅約1mの水路で、水深は水田の落水前は約30cmであったが、9月下旬の落水後は約10cmとなった。2000年に造成した池Cは、夏季にはイネを植え、冬季に落水を行わない滞水田の環境とした。なお、結果および考察では4本の水路をひとつの区として扱った。

 

2. 調査方法

調査は1999年6月1日から2001年3月2日まで原則として週1回、標識再捕獲法により、ミズカマキリ、タイコウチ、ヒメゲンゴロウ、ガムシを対象として行った。なお、タイコウチについては2000年より調査を開始した。すなわち、1999年には、池A、B、湿地、水路A、B、C、Dにおいて、2000年にはこれらの区に加えて水田、池Cにおいてこれらの水生昆虫を捕獲し、個体番号をつけて放逐することで各個体の移動・分散を調べた。

水生昆虫の捕獲は、池A、B、C、湿地、水路A、B、C、Dについては、その全域で、水田は畦から2mの範囲を水生昆虫網を用いてすくい取る方法で行った。個体番号は、ミズカマキリRanatra chinensisの場合は上翅に油性ペンで書き込み、タイコウチLaccotrephes japonensisおよびコウチュウ目では上翅にミニルーター(Earth Man製Hobby Makerミニルーター)で彫刻した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,929位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
1,220

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山管理ハンドブック
3.里山ホリデイーのすすめ
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から