日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

稲作生態系保全プロジェクト

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


第2章

稲作水系における水生昆虫の生活場所利用および移動

石井実・向井康夫・馬場直人

(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科応用昆虫学研究室)

本章では、水田や水路、湿地などを含む稲作水系において、水生昆虫の季節的な生活場所利用や移動、分散について調査を行なった。

 

調査地と調査方法

1. 調査地

1999年4月下旬から5月上旬に、大阪府豊能郡能勢町長谷の標高約350mの山間部にある棚田群上部の放棄水田を利用して浅い2つの池(それぞれ約50m2、約30m2以下池A、B)および水路(以下水路A)を造成した。池Aは、鍬や鋤、ショベルを用いて30cm程度掘り下げ、その残土を利用して畦を整えた。また、池の法面は直径5〜10cm程の丸太と杭を用いて補強を行った。池Bは池Aと同様の方法で造成したが、池Aのように法面の補強はしなかった。本研究ではこれらの池A、Bおよび水路A、その周辺の湿地と3本の水路(水路B、C、D)を調査区として設定した。2000年には、4月下旬に新たに池Bと同様の方法で造成した面積約25m2の池Cと、水路Dと繋がる水田を調査区に加えた。

池Aは、期間を通じて水深約20cmに保ち、ため池の環境とした。池Bは水深を9月下旬まで約15cmに保ったが、1999年は9月29日に、2000年には9月24日に周辺の水田の水管理を模して落水を行った。落水後の水深は約1cmとなった。造成した池の一段上の面積約40m2、水深5〜15cmの放棄水田を湿地として調査対象とした。また、水路Aは湿地から池に水を導入するために造成したもので、長さ約9m、幅約30cm、水深は5〜15cmの間で変動があった。水路Bは池の一段下の休耕田に以前からあった水路で長さ約27m、幅約30cm、水深5〜10cmであった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,942位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
1,178

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山管理ハンドブック
3.里山ホリデイーのすすめ
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から