日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


4. 管理作業の進め方

 

里山の自然の成り立ちや管理の意味、それに作業内容は、参加募集の際に、プリントや口頭で一通り理解できるようにしておかねばなりません。しかし、作業当日にも現地で実物を示しながら、より具体的な説明を行うと、参加者の理解が一層深まり、それだけに作業にも熱が入ることになります。

(1 里山管理の趣旨の説明。

この本の前半部分等を参考に里山の成り立ちと保全の必要性を簡単に説明しておきます。

(2 道具の使い方と作業の進め方

道具の使い方については実演を交えながら話すとより分かりやすくなります。但し説明は、あまりくどくどと長くなるとかえってやる気をそぎ、逆効果となります。できるだけ手短にまた、必要に応じてイラストやパネル写真で実例を示すなど、興味を引き出す工夫が望まれます。

(3 その日の作業項目に応じ、特に必要な説明や注意。

例えば、ツツジ類を刈り残す選択的下刈りでは、実物を見せてその特徴や、見分け方のポイントを教える必要があります。また、間伐作業では、事故を避けるために、伐倒に際して周囲の人々に大声で知らせることを徹底しておかねばなりません。

(4 作業はあくまでも気楽に、楽しみながらを第1の目標に。

ノルマや目標があると励みになる反面、精神的に負担を感じさせ、継続的な参加や、活動の発展が望めない恐れもあります。従って事前に、

●作業量に目標やノルマは無いこと。

●無理をしないで、自分の体力に応じてマイペースですること。

●休憩時間でなくても、疲れたら自由に休んでよいこと。

●作業中のおしゃべりは自由であること。

などを明確に伝えておく必要があります。実際に作業が始まると、ほとんどの参加者が時間を忘れて熱中するので適度の休憩は絶対に必要です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
110,004

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から