日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


3. 森林の育成と自然の多様性

 

森林が伐採されると、切り株からの萌芽の成長や、アカマツのように種子から芽生えた実生の成長によって、もとの森林に再生していきます。この場合、人間が新たに苗木を植え付けて、より都合のよい森林に変えることもあります。いずれにしてもこれらの萌芽や実生、苗木が雑草に覆われて成長不良になるのを防ぐには、毎年一回、雑草類の抑制に最も効果のある夏期に下刈りしなければなりません。さら地に植林して新たに森林を復元する場合も同様です。もちろん、若木が成長して雑草よりも高くなれば、それ以後の下刈りは必要でなくなります。

 

その代わり、次には間伐(間引き)によって、立木の本数を調節してやる必要がります。それは、樹木どうしの生存競争によるエネルギーの無駄を省き、また森林のモヤシ化を防ぐためです。伐採後にアカマツの実生が一斉に育ったような若令林や、クヌギ、コナラの切株から出た新芽が、一斉に出揃ったような萌芽林では、特に重要な作業となります。間伐はその目的によって、以下の四つの方式で行われます。

 

■成長のそろった木をはやく大きく成林させる

成長の良い木を残し、成長の悪いものや、形の悪いものを間引く。残された木がほぼ等間隔になるようにする。

 

■二段林として管理する

高木を間伐して空いた場所で若木を育て、これらが成長した段階で残りの高木を伐採し、その場所でまた若木を育てる。

 

■付加価値の高い木を優先して育てる

里山林にはヤマザクラ、ホウノキ、カツラのように、家具材や彫刻・工芸材になるものが交じっていることが多いので、これら付加価値の高い木を残すようにする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
108,056

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から