日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


■林内を明るくする

下草(低木類も含む)を育成して土壌保全や、種の多様性を図ることを目的とする。また、林間利用の快適さを確保するためと、自生ツツジなど林床植物の開花・結実の促進をはかるためにも林内の光条件は必要である。

 

いずれの場合も、間伐によって林内に陽光が射し込むようになり、森林の種組成がそれだけ多様になるわけです。もちろん、間伐の程度によって、林内の明るさは大きく異なり、林床植生の内容や林間利用の快適さにも違いがでてきます。したがって、保全・管理の目的によって間伐の程度を調節する必要があります。

 

一方、壮大な大木や老齢木は、里山の景観に魅力と変化を与え、フクロウ、ムササビ、キツツキなどの営巣にも効果があり、このタイプの森林も大切です。クヌギ、コナラ林では少なくとも30年程度、アカマツ林では60年程度は樹勢を保持できますが、地力や健康度をみながら更新時期を決定します。ただし、クヌギやコナラは樹齢が高くなると萌芽力が衰えるので、間伐による計画的な植栽更新が必要となります。この場合、営巣木や食餌木として一部は老齢木や枯死木も残すようにします。

 

025-1.gif

里山の老大木はムササビやフクロウのねぐらになる

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
112位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
111,857

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から