日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


023-1.gif

(左)ヤマザクラの大木

(右)コバノミツバツツジ

 

この営林方式は、生産的に効果的であると同時に、レクリエーションや自然観察の目的にも適合します。高く抜きんでた大木は、森林内外の景観に魅力と変化を与え、野鳥の誘致や営巣にも適するからです。したがって、林内にこのような付加価値の高い樹種の実生があれば、成長を妨げる周りの木や下草(競争植物)を取り除いてやり、その成長を促すようにしてやりたいものです。

 

一方、アカマツ林の風情も美しいが、関西地方では歴史的な過剰利用や地形条件によって、痩せ地に適応力のあるアカマツが里山の多くを占め、景観的に単調なきらいがあります。そこで比較的土壌条件の良い場所では、漸次、雑木林に転換するのがよく、これはマツ枯れ被害地での森林回復にも適用できます。

 

アカマツ林の中・低木層にも、コナラ、リョウブ、クリなどの落葉広葉樹が成育していることが多く、アカマツの間伐と、選択的な常緑広葉樹種の除伐によって、これらを育成してやればよいのです。ただし、土壌条件の厳しい尾根部や急傾斜地では良好な成育が望めないから、土壌保全の見地からも手をつけないほうがよいでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
110位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
115,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から