日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 森林構造の多様性

 

里山の自然の多様性を育むには、かつて15〜20年周期(アカマツ林の場合は30年程度の周期)で伐採されていた、薪炭林の管理体系を復活させるのも有効な方法です。森林をモザイク状の小林地に区分し、毎年または数年間隔で順番に伐採して、これを循環させれば、そのまま目的を果たすことができます。これには伝統的な里山管理のシステムを動態保存して、観察・体験させることができる効果もあり、実際、英国の自然保護区では、このような目的や形態で管理されているものも珍しくありません。こうすることによって、炭焼き用の材料の生産やシイタケ栽培用のほだ木生産とも連動できるからです。

ところで、クヌギ・コナラ林とも言われるように、薪炭林にはクヌギとコナラの純林が多く、整然としたその林相は美しいものです。だから、それはそれで是非とも維持したいものです。しかし、ヤマザクラやクリ、コブシ、シデ、エゴノキ、リョウブなど、多様な落葉広葉樹が混交するほうが、自然の多様性の点では一層望ましく、特にヤマザクラ、ホウノキ、カツラのように、家具材や彫刻・工芸材になるものは経済的にも付加価値が高いからです。かつての薪炭林でも大きく育てて商品価値を高めるために、伐採更新期がきてもこれらは残されることがよく行われていました。このような里山では、雑木林のところどころに大きな樹木がこんもりと樹冠を広げ、ヤマザクラの咲く頃などは、たいへん美しい景観が楽しめます。

 

022-1.gif

地形条件に対応したアカマツ林と雑木林

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
116位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
107,661

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から