日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


1] かかわり技法について

基本技法である、かかわり技法には次の6つが挙げられます。

その際まず最初に、「あなたが自分のことを話して、気持ちを整理したり、これからの方向を考えることに、少しでもお手伝いできたらよいと思います。」という意味のことを相手に伝えると、関係づくりがスムーズにいき、その後の技法もより有効になってきます。

ア 単純な受容

相談者の発言に対し「ハイ」「ええ」「そうですか」など度々あいづちをうったり、あるいは軽くうなずきながら聴くことです。そうすることで、非審判的、許容的雰囲気が生まれます。そうすると相手は、この人は何を話しても私の身になって聴いてくれる人だ、と思ってどんどん話を続けます。そうして話をしているうちに何が問題か本人が気付くようになるのです。

イ 再陳述(繰り返し)

相談者の発言の大事なポイントをとらえて繰り返すことです。つまり自分がまるで鏡になったように、相手の言葉をそのまま反射させます。自分が発した言葉がそっくりそのまま返ってくることにより、相手は初めて自分の考えに客観的に直面することができるようになります。そうすることで、自分の感情、考え方を整理できるようになるのです

ウ 感情の反射

相談者の今ここでの感情をとらえ、できる限りそっくりそのまま返すことです。「今あなたが言ったことは…ということですね」(反射の基本形)、と返すことで、相談者は自分の気持ちを分かってもらえたと安心します。

ここでの大事なポイントは、2]の事柄レベルではなく、感情レベルをとらえるということです。その際できる限り、相談者の言葉をそのまま返す方が間違いがありません。不用意に言い換えるとトーンダウンするばかりか、感情が微妙にすれ違う事にもなりかねません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
180,299

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から