日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?カウンセリング・マインドの育て方?

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


そこの部分を正しく理解しておかなかったために、カウンセリング・マインドを勉強した上司が、逆にコミュニケーション・ギャップを生み出してしまったというケースもあります。

ある職場では、仕事が集中している優秀な部下に対して、働き過ぎにならないようにと配慮して、上司が仕事を減らしました。上司は部下の過労にも気をつけなければなりませんから、一見すると、カウンセリング・マインドをもって対応したように見えます。しかしながら、この部下はもっと働きたいと考えていたために、「仕事を外された。この人に自分の昇進を妨げられるのではないか」と思い込み、逆にトラブルを生んでしまいました。

このケースでは、上司がまず部下の話や価値観を聞いたうえで対処していれば、無用なトラブルは避けられたはずです。

似たようなケースは、男性と女性の間のコミュニケーションでも起こっています。ある職場で、「新婚の女性を転勤させるということはかわいそうだ」ということで、上司が配慮してその異動を取りやめました。ところが、その女性は単身でも転勤を望んでいたために、トラブルが発生してしまいました。この例なども、一見カウンセリング・マインド的に配慮しているかのようにみえますが、実際には相手の価値観を十分に聞いていなかったためにトラブルが生じたのです。

どのような「配慮」も、まずは、相手の価値観やニーズを聞くということを前提にしなければ、本当の配慮とは言えません。

一人一人を尊重し、多様な価値観を認めていくことがカウンセリングの精神ですから、先入観を持たずに白紙の状態で、まず相手の話を聴いてみるということがポイントといえます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
57位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
191,878

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?職場のストレスとメンタルヘルスを考える?
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?事例でみるメンタルヘルスへの対応?
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド?
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から