日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?カウンセリング・マインドの育て方?

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


それ以後、ロジャーズはそれまで行われていた心理療法に対して批判的な立場をとるようになり、「どんな立派な理論でも役に立たなければ意味がない。何がクライアントに役立つかが一番大事なことだ」と主張しました。

ロジャーズはこれまでの古い諸方法を指示的(directive)とし、自分の新しい立場を非指示的(non-directive)としました。指示的で問題のある方法として、命令、禁止、訓戒と誓約、再保証と勇気づけ、説得、強力なアドバイスなどを挙げています。ここで問題があるとされている方法は現実に多く使われて効果も上げています。また、問題によって指示的と非指示的を使い分けることが肝心でしょう。ロジャーズが指摘しているのは、例えば指導的立場の人が自分の見方や考え方をあらかじめ決めて、相手の話を聞いていき、相手をある方向にあざやかに引張っていこうとするやり方に対して危険性を訴えました。そういうやり方をすれば、自立心をもった人は必然的に抵抗するだけだし、依存的な人はますます依存性を強める結果になります。

ロジャーズ自身の経験から、「この人の問題はこういうことじゃないか」とレッテルを貼ってしまうことに慎重になったといいます。ロジャーズは、自分のことを自由に話せる(自問自答ができる)場をつくることがもっとも大切であり、心理的自由の中で人は変化していくことを強調しています。そしてカウンセリングを実践する際には、相手に対して共感的な態度で接すること、そして、相手をいかに理解したかを「レスポンス」(反応)すること、言行一致している態度(言っていることとやっていることが一致している)を示すこと、自分の資質(人間性や特微)を活かしたやり方で行うこと、個人がお互いに信頼関係を持てるような雰囲気を用意することで葛藤やテンションが減ることをポイントとしました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
57位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
191,973

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?職場のストレスとメンタルヘルスを考える?
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?事例でみるメンタルヘルスへの対応?
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド?
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から