日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?カウンセリング・マインドの育て方?

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


つまり、カウンセリングによって、来談者の決定を促すほんのささやかな心理的な助けをすることが、その人の人生に大きな効果を及ぼすというわけです。

カウンセリングが管理職にとって重要な仕事だとする企業や公共団体は、とくにアメリカに多く見られます。「初級士官の職務のうちでもっとも時間を使うものはカウンセリングと面接である」。これは『NAVALLEADERSHIP』(アメリカ海軍士官候補生読本・アメリカ海軍協会)の中の一節です。海軍の作戦行動の中で、将来の兵器がどのようなものになっても。人間という要素が非常に重要なものであることが明記されています。日本では『リーダーシップ』という題で紹介されました。この本はかなりのページをさいて、働く環境が厳しければ厳しいほどカウンセリング・マインドが必要不可欠になることを分かりやすく説明しています。

「士官が部下と個人的問題について話しかけるのは決して時間の浪費にはならない。たとえ問題自体が士官にとって小さいように見えても、それは当人にとってはきわめて重要と思われるかもしれず、したがって、これを軽視すべきではない」

「部下の問題に真剣に関心を示す政策は十倍になって報われるのであるが、それは一人に起こった出来事はやがて他の人たちにも知れわたるからである」

「部下との人間的接触を維持し、部下を認めてあげるための効果的リーダーシップの技術としては、個人面接とカウンセリングに勝る方法はない」

といった内容が列記されています。

このようにアメリカにおいてカウンセリングは、悪くなったものを治していく治療的・リハビリテーション的役割よりも、むしろ教育的・開発的な役割、または予防的な役割にウエイトがおかれたために発展していったと考えられます。現代の日本で起こっている構造的変化をすでに経験してきたアメリカにおいて、いかにカウンセリング・マインドが求められていったかということをご理解いただけたでしょうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
57位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
191,973

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?職場のストレスとメンタルヘルスを考える?
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?事例でみるメンタルヘルスへの対応?
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド?
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から