日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」プログラム

 事業名 藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」の上演
 団体名 藤沢市芸術文化振興財団 注目度注目度4


そこにいるのは指揮台の上と同じ、表現意欲の塊のような人物だ。あたかも眼前に現われるすべての物事や人に負欲な興味を抱き、たえず全身全霊でかかわってゆく、まるでマーラーの《交響曲第6番》(日本フィル定期での公式デビュー曲)のような人物。見事な物まねや声帯模写、大傑作から駄洒落や下ネタまでをも含む広範囲のジョーク(いずれも、すぐれた音楽家には、少なくとも必要悪)。しかしその影にときおり垣間見えるその実態は、どうやら真面目かつ律儀で義理堅く、純真で傷つきやすいようだ。

1997年9月からロイヤル・リヴァプール・フィルの首席客演指揮者、1998年からマーストリヒト(オランダ)のリンブルク交響楽団の首席指揮者、それに日本フィルの正指揮者(今年8月に辞任)を兼任した広上は、他にも北米各地、イギリス、オーストリア、オーストラリア、スイス、スウェーデン、スペイン、フランス、フィンランド、ベルギー、ポルトガル、マレーシアなどと、文字通り世界中のオーケストラに忙しく客演をつづけている。ある意味ではきわめて順風満帆で、超一流のオーケストラに定位置を得るのも、純粋に時間の問題だろう。

だが気がかりがないわけではない。

「愛の伝道師」は両刃の剣でもある。愛が足りなければ気乗りのしない演奏になる可能性大だし、愛が多すぎると大多数はついていけないようなクサイ演奏になってしまう。しかも大多数のオペラが結論づけてきたように、「愛」というのはもともとコントロールしがたいものなのだ。広上の演奏に当たり外れがあると感じられるのも、ほとんどいつものように、同じ演奏をめぐってオーケストラのなかにも聴き手のなかにもかなり激しい賛否両論が巻きおこるのも、このことと無関係ではない(何年か前、東京の某オーケストラではこの指揮者の評価をめぐって暴力事件まであったらしい。他方、聴き手の評価が真っ二つに分かれたことで印象が強いのは、1997年1月の日本フィルで演奏されたマーラーの《交響曲第2番》で、筆者はこの演奏については否定派のほう)。もちろん生きた人間がやる音楽なのだから、いつも同じ平均点などは願い下げなのだが、広上の場合は、人並み外れた指揮者としての能力ゆえに、技術的な平均点も高く、音楽的にそうとう無茶なことでもできてしまうから、ことは複雑だ。

028-1.jpg

 

028-2.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
854位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
12,914

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」チラシ
2.開催報告書
3.第12回高岡野外音楽劇「越中万葉夢幻譚」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から