日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」プログラム

 事業名 藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」の上演
 団体名 藤沢市芸術文化振興財団 注目度注目度4


岐路に立つ愛の伝道師?広上淳一に期待する

 

森泰彦

 

026-1.jpg

 

広上淳一がレナード・バーンスタインに学んだことがある、というのは、たぶん偶然ではない。小柄で常にエネルギーに満ち満ちており、指揮台の上ではアクションが大きいことなどは、表面的な類似でしかなく、そのくらいのことはちょっとバーンスタインに憧れれば誰にでもありうる。もっと本質的に似ているのは、演奏中の音符のひとつひとつを本気で愛しており、音符たちをカー杯抱きしめようとしているように見え、またそう聴こえること。だからこそどこへ行ってもその愛をオーケストラや聴衆のひとりひとりと分かちあおうとする、いわば「愛の伝道師」となるわけだし、物事や人問に向かい合うときのあのエネルギッシュな言動も、同じところから発していると思える。

この指揮者について書いたのは1回だけ。試しにファイルを開いてみたら、似たようなことを述べているので、その最初の部分を引用してみる。

 

6月18日金曜日、日本フィルハーモニー交響楽団第451回定期演奏会の2日目をサントリーホールで聴く。指揮は正指揮者の広上淳一、曲目は(大胆にも)オール・モーツァルトで、《交響曲ニ長調KV297 (300a)》(旧モーツァルト全集の第31番<パリ>)、ギル・シャハムを独奏者とする《ヴァイオリン協奏曲ト長調KV216》(旧全集の第3番)、それに《交響曲ハ長調KV551》(旧全集の第41番<ジュピター>)の3曲だ。日本人離れした旺盛な表現意欲は今回も健在で、<パリ交響曲>は本来意図された大きな編成をえて、少しも箱庭的でなく、まさに疾駆する。通常の配置ではあるものの、第1・第2ヴァイオリンのかけあいは雄弁に浮き出され、強烈な強弱の対比は入念かつ大胆に遵守される。内声のどんな小さな音符をもほとんど抱擁せんばかりに溺愛しているような指揮者の手で、全曲のドラマには熱い生命が吹き込まれ、たんなる五線紙上の記号として音符が処理されることはまったくない。本当にこの曲を演奏したくてたまらずにプログラムにとりあげたことが、そして今この曲を演奏していることが嬉しくてたまらないことがよくわかる演奏であり、「演奏会の頭に何か軽い腕ならしを」、といったハンパな気分でろくに練習もせずにぞんざいに扱われることがほとんどのこの作品としては、まさに出色と言わなければならない。この指揮者としてはいつものことながら、最初の曲というのに、まるでこの一曲しか眼中にないかのようなハイ・スパート。当然ながら新モーツァルト全集版が用いられており、何年か前に平然とブライトコプフ版で無思慮な演奏をした某若手指揮者とは、才能はもちろんのこと、音楽に対する姿勢に雲泥の差があることをあらためて痛感させる。(「広上、局関、アーノンクール、そしてクナッパーツブッシュ―最近触れえたいくつかの交響曲演奏雑感―」、隔月連載「現代のモーツァルト演奏」第27回、『音楽現代』1993年9月号所収より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
873位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
12,544

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」チラシ
2.開催報告書
3.第12回高岡野外音楽劇「越中万葉夢幻譚」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から