日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」プログラム

 事業名 藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」の上演
 団体名 藤沢市芸術文化振興財団 注目度注目度4


もちろん、男女の仲だからそうしたケースは十分ありえた。とりわけ、学生との貧乏ぐらしに飽きたグリゼットが金持ちのパトロンを見付けて乗り換えてしまうことはかなり日常的に起こっていたらしく、学生にとっては恋人の心変わりはつねに心配の種だった。この場合、パトロンとなるのは、たいてい、右岸に住む新興のブルジョワたちで、愛人を住まわせるのは、新しく開発されたばかりの、ノートル=ダム=ロレット教会の裏手のプレダ街のあたりと決まっていた。グリゼットから妾に「出世」したこうした娘たちは地区の名を取って「ロレット」と呼ばれた。『ラ・ボエーム』のミュゼット(イタリア語ではムゼッタ)はこの「ロレット」の典型で、のちには、「ミュゼット」が「ロレット」に代わって「お妾さん」の普通名詞として用いられるようになった。

 

『ラ・ポエーム生活情景』とオペラ『ラ・ポエーム』

『ラ・ボエーム』の原作であるミュルジェの小説『ラ・ボエーム生活情景』は、1845年から1849年にかけて『コルセール・サタン』という小新聞に連載されたのち、1851年に単行本化されたが、あきらかに、この小説は、こうしたミュッセの描いたグリゼットと、「ジューヌ・フランス」のボヘミアンたちを同じ話の中に登場させ、それに自らの経験を混ぜ併せてひとつにまとめあげたものである。いいかえれば、ミュルジェの小説は、ちょうど本歌取りのように、すでにある『ボヘミアンとグリゼット』の神話を前提として、それに多少の肉付けを施したものにすぎないのである。たとえば、女主人公の一人ミュゼットについて、ミュルジェはこう言っている。

「おお、マドモアゼル・ミュゼットよ!君はベルヌレットとミミ・パンソンの妹だ!青春の花咲く小道を、無頓着に彷径しながら走り過ぎる君の歩みをしっかりと描くにはアルフレッド・ミユッセの筆がなくてはならないだろう!」

ようするに、ミュルジェは、初めから、ミュッセのベルヌレットとミミ・パンソンを頭に入れて、ミュゼットを思い描いてくれといっているのだ。もちろん、ミュルジェの狙いは、オリジナリティではなく、ちょうど今日、原作の小説から漫画やTVドラマを脚色するように、通俗受けする紋切り型の登場人物を作ること、つまり『再話化』にあったのだから、それはそれで方針はまちがっていたわけではない。事実、後世に神話として残ったのは、ミュッセのベルヌレットとミミ・パンソンではなく『ラ・ボエーム生活情景』のミュゼットとミミのほうだった。もっとも、ミュルジェのこうした主人公が神話になるには、まずそれが舞台にかけられて『ラ・ボエーム生活』となり、ついでプッチーニによってオペラ化されて『ラ・ボエーム』となる必要があった。というのも、この三つの再話化の過程で、そのたびごとに、肉がそぎ落とされて単純化が行われ、どんな凡庸な観客の鑑賞にも耐えられるように類型化がなされたからである。

ところで、今日、プッチーニの『ラ・ボエーム』は繰り返し上演されているが、ミュルジェの『ラ・ボエーム生活情景』を読もうとするものは一人としていない。というよりも、現在では読むにたえないのだ。だが、ミュルジェのこの小説の存在が無意味だったかといえば、けっしてそんなことはない。というのも、この小説は、19世紀のカルチェ・ラタンに散らばっていた無数の青春の伝説を、ちょうど『グリム童話』のような形で再話化することによって、ひとつの神話にまで高めたという大きな功績を持っているからである。おそらく、ミュッセの二つの短編およびネルヴァルとゴーチェの回想だけでは、ラ・ボエームの神話は残らなかったにちがいない。青春の伝説は、ルーツにある悲惨な現実を捨象したときにのみ、神話として生き延びるもののようである。

(かしましげる フランス文学)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
870位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
12,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」チラシ
2.開催報告書
3.第12回高岡野外音楽劇「越中万葉夢幻譚」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から