日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」プログラム

 事業名 藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」の上演
 団体名 藤沢市芸術文化振興財団 注目度注目度4


「暑さと寒さの中で」

 

総監督 畑中良輔

 

壮大なローマ史の中、「最後の護民官」としてその栄光の頂点から破滅の悲惨に至る劇的一頁を刻んだ『リエンツィ』。ヴァーグナーをヴァーグナーたらしめた、彼の青春の記念碑的超大作の日本初演を終え、限りない昂揚の中に打ち上げも無事終了した時、舞台では既に解体が始まっていた。

人気もなくなったステージの背後、一番奥の壁のところへ私は一人立っていた。日本のどこのオペラ団も手を出そうとしなかったこのオペラの初演に、この壁までが装置として参加したのだ。建設以来照明などまともに当てられたことのなかったこの壁が、30年目にしてやっと光を一杯に吸って生き返ったのだ。いつも人々の意識の外にあったこの壁を、私はこぶしで叩いた。「壁君よかったね。一役買ったね。」と、心をいっぱいにして「ありがとう!またきっと出番が来るからね。待っててね。」

その時、私にはなにか壁が動いたような気がした。

出演者、スタッフ、裏方、職員、すべてが心を一つにしての市民オペラだ。そのどれもが欠けてはならない。「藤沢市民オペラ」を支えているのは、一人一人の“心の勁さ”にある。

そうして「壁君」は再び『ラ・ボエーム』にもその出番がありそうだ。

今回は壮大な「史劇」ではなく「青春劇」。それもパリはカルチェ・ラタン(ラテン区)での若い芸術家の卵達によるアンサンブル・オペラである。デリケートで傷つきやすい心を陽気さに紛らわせながら、青春の哀歓を描き出すこの詩的なオペラを演ずるために、炎天下の日々の中、「寒くて凍えそう」になる演技を汗だくで猛稽古の毎日なのである。

これに輪をかけて人一倍“熱い”指揮者の広上淳一氏が藤沢市民オペラに初登場。素晴らしいプッチーニが湘南の風に乗って響き渡るであろう。ヴェテラン、新人共々、広上=栗山コンビにより“世界へ発信し得るオペラ”をシーズン開幕に先駆けて皆様に送りたい。

暑さを吹き飛ばす“寒いオペラ”になってくれるだろうか。

 

005-1.jpg

ホールの一番奥の壁が顔をのぞかせる

1998年11月「リエンツィ・最後の護民官」の舞台

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
873位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
12,544

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」チラシ
2.開催報告書
3.第12回高岡野外音楽劇「越中万葉夢幻譚」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から