日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大阪被害者相談室「支援活動の飛躍の年に」活動報告?X

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


大阪被害者相談室のこれまでとこれから

 

東京医科歯科大学犯罪被害者相談室 全国被害者支援ネットワーク理事

大阪被害者相談室アドバイザー 穴田富美子

 

1. 設立の経緯

「大阪被害者相談室」は、民間の被害者支援組織としては東京、水戸(茨城)に続いて全国で三番目に設立されました。日本で最初に犯罪被害者のための相談室が開設されたのは「東京医科歯科大学犯罪被害者相談室」(1992)です。開設以来、全国から相談が寄せられるようになり、支援組織の全国的な広がりの必要性を感じていました。その手がかりとして、是非とも西日本に拠点となる組織が必要だと考えられるようになりました。

1995年におきた阪神大震災の際、大阪YWCAで「こころのケアネットワーク」が立ち上げられました。こころのケアということでは被災者と被害者には共通のものがあるという思いから「犯罪被害者相談室」もこのプロジェクトに参加させていただきました。この出会いが、翌年大阪YWCAに「被害者相談室」を設立することにつながっていきました。

西日本に是非とも被害者のための支援組織をという思いに応じ、大阪YWCAはそのボランタリーな社会活動という長年の経験と実績をもって、ボランティアを中心とした「被害者相談室」の開設の準備を着実に進めました。これには、決断をした鹿野幸枝大阪YWCA総幹事、顧問を引き受けた三木善彦大阪大学教授を始めとして、川崎一代YWCA事務局担当、辻加代さん、堀河昌子さん、楠本節子さんらのスターティングメンバーが大きな役割を果たしています。

1996年の春、ボランティアの相談員募集に始まり、相談員の研修を経て、電話相談が開設されたのは4月15目でした。それに先立って4月13日に設立総会が行われましたが、この日、これから全国の被害者支援が広がっていくのだという兆しを感じました。

 

2. 被害者支援の全国状況と大阪被害者相談室の位置

大阪の被害者相談室が設立された1996年は、警察の被害者対策の通達が出された年でもあり、この年以降、被害者支援は大きな動きを見せるようになりました。1997年には、石川、北海道、紀の国(和歌山)、広島と相次いで支援組織が作られていきましたが、大阪被害者相談室は先行組織として開設準備のための問い合わせに応じるなどの支援を行いました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,152位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
3,582

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.被害者支援都民センター「センターニュース」創刊号
2.被害者支援都民センター「センターニュース」第2号
3.被害者支援都民センター「センターニュース」第3号
4.大阪被害者相談室「Just in Case こんなときに・・・」パンフレット
5.「犯罪被害者支援センターみやぎ−事業のご案内−」パンフレット
6.「犯罪被害者支援センターみやぎ−相談のご案内−」リーフレット
7.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第1号
8.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第2号
9.犯罪被害者支援センター「かけはし」第3号
10.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.2
11.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.3
12.福岡犯罪被害者支援センター「犯罪被害でお悩みの方へ」パンフレット
13.介護保険制度における苦情処理体制等の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から