日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大阪被害者相談室「支援活動の飛躍の年に」活動報告?X

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


この5年を振り返って

 

大阪被害者相談室アドバイザー

大阪大学大学院人間科学研究科 西澤哲

 

「設立5周年…5年かあ、もうそんなにたったっけ。えっ。なに!この5年を振り返って、スーパーヴァイザーとして何か書けって?えっ、私って、スーパーヴァイザーだったの?ほんと?ぜったいにほんと?」

というような経緯でこの原稿を書かざるをえないことにあいなった。本当に申し訳ない話である。何がって、自分がスーパーヴァイザーであることを認識してないかのような上記の発言は単なるごまかしの言葉ではあるものの、そう言ってもおかしくない状態、すなわち何もしていないという状態なのだ。この間、少しはスーパーヴァイザーらしいかなと思えることとしては、1年に1度、冬の頃に、小西先生とともに相談員の方たちを面接し、ロールプレイなどを行ってちょっとしたアドヴァイスをさせていただいたことぐらいであろう。その唯一スーパーヴァイザーらしき仕事も、今年は小西先生一人に押しつける結果となった(決してサボったわけではない−一部に「西澤はドタキャンをするから気をつけろ」という噂が広まった。情報の発信源は特定されていないが、心優しい小西先生ではないはずである−。弁解をさせていただくと、現在の大学に着任1年に満たない私にとって、その学校の年間スケジュールを見通すというのは至難の業であったということである)。しかし残念なことに、そのような私には今回のこの原稿を書く資格などない、と大阪被害者相談室のスタッフは判断しなかったようである。むしろ、「いつも何もしないのだからせめてこのくらいはさせよう」という判断だったのだろう。

といった事情で、「被害者相談室のこの5年を振り返る」ことができないため、私が日頃深い関りを持っている「子どもの虐待」の領域での最近の出来事に言及することでお茶を濁したい。

最近の出来事として私がもっとも重要視しているのは、いわゆる「児童虐待防止法」の成立・施行である。本法について、「従来の通知等を法文化しただけで何ら新しい点はない」との厳しい批判が聞かれる。それは事実なのだが、少し違ったところに私は重要性を見る。この法律は「暴力がたとえ家族内のことであったとしても社会的な介入を行う」という旨の法的な宣言にほかならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,152位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
3,582

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.被害者支援都民センター「センターニュース」創刊号
2.被害者支援都民センター「センターニュース」第2号
3.被害者支援都民センター「センターニュース」第3号
4.大阪被害者相談室「Just in Case こんなときに・・・」パンフレット
5.「犯罪被害者支援センターみやぎ−事業のご案内−」パンフレット
6.「犯罪被害者支援センターみやぎ−相談のご案内−」リーフレット
7.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第1号
8.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第2号
9.犯罪被害者支援センター「かけはし」第3号
10.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.2
11.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.3
12.福岡犯罪被害者支援センター「犯罪被害でお悩みの方へ」パンフレット
13.介護保険制度における苦情処理体制等の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から