日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(2.1) できる限り、近寄りやすい場所に直線状に布設する。

(2.2) 高温、高湿の場所及び雨水、海水に常にさらされる場所には必要以外の、電線を布設しない。

(2.3) できるだけ船体構造物(ビーム、ウエーブ、フレーム等)の裏側を通して、表面から電線が見えないようにまた、外的負傷を受けないような位置がよい。

(2.4) 電線の屈曲は、鉛被がい装ケーブルではその外径の8倍以下、その他のケーブルは外径の6倍以下、また機器導入部の屈曲はケーブル外径の4倍以下の半径で屈曲してはならない。

(2.5) 電線が短かった場合は、継ぎたさずに新たに引き替えなければならない。どうしても引き替えできない場合は接続箱を設けて継ぐ。

(2.6) 船体構造物の伸縮する部分に布設することをさけること。やむを得ず布設する場合は伸縮する部分の長さを考慮し、その内半径をケーブル外径の12倍以上としなければならない。

(2.7) 重要用途又は非常用の動力、電灯及び通信用のケーブルは、機械室、洗濯室、調理室及びそれらの囲壁並びに火災の危険の大きい場所をできる限り通過させないようにしなければならない。

(2.8) 電線を布設しようとする場所の歪み直しが、完全に終ってから布設する。そうでないと焼損される恐れがある。

(2.9) 船内に搭載した電線は、できるだけ甲板上に直接置かないこと。

甲板下等の工事で焼損されることがある。

(2.10) 必要の長さに切断後は、その線端にビニールテープ等で、湿気の入らないようにテーピングすること。

(2.11) 排気ダクトの近く及び浴室はさける。

(2.12) 電線の外被を、いためないように布設すること。

(2.13) 電源及び動力用の大電流用電線と計装通信用電線とは別電路とし、極力離すこと。(微弱電流回路)

(2.14) 本質安全防爆回路、無線空中線用電線とは分離すること。(敏感回路、妨害回路)

(2.15) 冷蔵庫の布設

(a) ビニール絶縁ケーブルを使用する場合には、庫内の低温に耐えるものであること。

(b) ケーブルは、鉛シース又は防水性がよく庫内の低温に耐える材質のシースを有するものでなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
338,016

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から