日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


このように全体装置図は、計画初期から船が完成するまで使用され続ける。したがって船の契約前で、十分資料がそろわない頃に、既成船を参考にしたりして、ある程度の推定を加えながら、設計に着手しなければならないことも多い。そして順次必要事項が決まるにつれて修正され、完全なものとなっていくのである。

機関室全体装置は、上記のように機関部図面の基本となるものであるから、その設計者は機関艤装全般についてはもちろん、電気艤装や船体艤装、船体構造、あるいは船級規則などについてもある程度知識を身につけておく必要がある。

機関室の配置は、船種、装備機器の種類及び台数などに応じて、それぞれ適切に設計されなければならない。

その詳細は一律には述べ難いが、一般的な方針としては次の点に留意する必要がある。

1. 機器の操作がしやすく、安全に行えること。

2. 機器の点検、分解、検査などに容易に行えること。

3. 諸装置がなるべく簡単に、かつ経済的な配置であること。

4. 火災などの危険性が最少であり、脱出などについても十分考慮されていること。

5. 諸機器の配置は船体中心線に対して、左右両舷が重量的にほぼバランスするよう考慮されていること。

6. 通風/換気に留意し熱やオイルミスト等が停滞しないよう配慮すること。

7. 機器の振動、騒音が機関制御室、居住区にできるだけ影響を与えないように配慮すること。

8. 艤装の効率を考えて配置はまとまり良く、できるだけ同じ種類の機器・系統をまとめ、早期艤装、ユニット、地上での取付なども考慮して配置を決定すること。

9. 以上を満足した上で、機関室ができるだけ小さくされていること。

図1.4.1〜図1.4.4に機関室全体装置図の例を示す

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
338,016

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から