日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


介護保険はどう動く?

市民の自治を推進する介護保険

利用者の声を代弁するオンブズマンの役割重要に

 

043-1.gif

関西学院大学経済学部教授

大谷強(おおたにつとむ)さん

1943年広島市生まれ。72年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了、76年大阪府立社会事業短期大学専任講師、81年大阪府立大学社会福祉学部に改組・助教授に、91年4月川崎医療福祉大学教授に就任、96年4月関西学院大学経済学部教授に就任、現在に至る。大阪府総合福祉協会理事、大阪地方自治研究センター理事長、介護の社会化を進める1万人市民委員会関西運営委員、NPO介護保険市民オンブズマン機構大阪運営委員などを務める。主な著書に『自治と当事者主体の社会サービス』(現代書館)、『介護保険法を私はこう読む』(大阪市政調査会・ブックレット)など。

 

紆余曲折を経て、昨年四月にようやく産声を上げた介護保険。その成果を研究者の立場で見守り、よりよい介護保険に向けて各種研究会やセミナー、マスコミの場で持論を展開してきた関西学院大学径済学部の大谷強教授(担当料目は社会保障論)。氏に、この一年を振り返ってもらい、介護保険に対する全般的な評価と、今後取り組むべき課題について聞いた。

(聞き手・高山歩)

 

強い事業者の不満

 

介護保険が始まっておよそ一年が経ちました。ご感想は?

 

厚生省(当時)が「走りながら考える」といってスタートさせた介護保険ですが、比較的うまくいっているのではないでしょうか。各自治体が昨年の夏ごろに実施したアンケートによると、制度全体に対して八割くらいの人が「満足」と回答しました。また、厚生省は要介護認定の苦情について審査会をつくりましたが、二%くらい苦情が出ると予想したところ、実際には○・一二%しかありませんでした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,826位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,731

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から