日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


われら地域市民

ラオスの子供たちへ絵本を

キヤノン株式会社

 

031-1.gif

現地の人と交流する宮崎さん(左から2人目)。

 

昨年11月、キヤノン株式会社社会・文化支援室社会貢献推進課長の宮崎康子さんはラオスを訪ねた。同社の社会貢献活動の実情を見るためである。

「子供たちが休み時間のたびに図書室に来るんです。前の休み時間に読んだ本の続きを読みたくてしょっちゅう来るんですね。日本では考えられないほど本が不足していて、本が届くのを楽しみにしています。改めて、文字や本から得る感動や喜びは大切なことだと思いました。教育の原点ですね」と現地での感動がまだ冷めやらぬようだ。

同社の企業理念は「共生」、企業も「良き市民」の一員として社会と共に生きることによって健全な発展ができるとの考えだ。「21世紀を担う子供たちの教育支援」を目標の一つとして掲げた社会・文化支援室の宮崎さん、あるきっかけから会社近くにあるラオスのNGO「ラオスの子どもに絵本を送る会」を訪れた。ラオスには小学校が8162校、中学校は712校、中高等学校(一貫教育)は162校あるものの、大学は1校、国立図書館は1つと教育的にはまだまだ未整備、先生も本で勉強するチャンスが少ない国という情報を得た。

1997年、NGOとの提携により決定されたラオスの子供たちへ絵本を送る活動が開始された。まずは基金集めとして「チャリティ・ブック・フェア」を社内で開催し、全国のキヤノングループの事業所・関係会社に声を掛け、読み終えた本やCDを集め社員に買ってもらった。本は毎年7000〜1万冊も集まり、収益金(マッチングギフトとして会社から同額を加算)は4年間で約300万円になった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,826位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,731

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から