日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


喜・涙・笑 ふれあい活動奮戦記

介護保険だけでは困っている人は救えない。だからこそ、心のふれあいを大切にしたたすけあい活動を広げていきたい

地域たすけあいサービス青空(北海道)

 

「活動を始めてからまだ一年半ちょっとですが、それでも“困っているときに青空に助けてもらって救われた”といったありがたい言葉もいただいた。いろいろなサービス団体を利用しているにもかかわらず、きっと奥さんの次に信頼してくれているんでしょう、病床で“○○さんは来ないのか”とうちのヘルパーさんの名をしきりに呼ぶ人もいる。また脳梗塞で倒れて以来一年三六五日、朝二時間、夜三時間家事援助に入っている方などは、“青空に見捨てられたらどうしていいかわからない”とまで言ってくださる。いざというときに即対応できる、小回りの利く組織をと思って活動に励んできた成果は、着実に現れてきていると感じています。まだまだ微力ですが、こんなふうに心のふれあいを大切にした温かい組織に育てていきたいですね」

 

活動の抱負をこう語るのは、北海道釧路地域で助け合いのサービス活動を展開する市民組織「青空」の代表・鍵政弘子さん。

 

釧路管内で初めて、時間預託を取り入れた組織を設立

 

同会は一九九九年五月に活動を開始。設立の呼びかけ人となったのは、高齢者問題に取り組む女性の会などで知り合った主婦ら七名である。

「中心メンバーはほとんど五〇代で、親の介護を抱える世代。学習会を開いたり、高齢者施設の見学などを通して高齢者問題を考える中で、“私たちは親の面倒を見るけれど、子供たちからは見てもらえないだろう”という、将来に対する不安が募っていきました。

 

029-1.gif

2000年度総会の模様(写真・釧路新聞社提供)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,133位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,311

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から