日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


当世高齢事情 NO.21

公証人 清水勇男

 

黄色いハンカチ

 

「あ、おばあちゃん、ホラ、また黄色いハンカチ振ってますよ」

春江さん(91歳)は、看護婦さんに言われて病室の外を見上げた。道路1本隔てたマンションの7階の通路で、夫の又蔵さん(97歳)が黄色いタオルを振っています。

兵庫県・尼崎にあった和菓子の老舗「扇子屋(おうぎや)伊兵衛」の一人娘に生まれ、何不自由なく過ごせるはずだった春江さん。幼いころ両親が赤痢で相次いで死亡し、運命が暗転。親戚筋で相談の結果、奈良の油坂にあった和裁の師匠の家に預けられた。師匠は、帰るに家なく、きょうだいもいない春江さんを憐れみ、懸命に和裁を仕込んだ。春江さんは、脇目も振らず、針と糸一筋の毎日で、やがて娘時代を迎えた。

縁談は多かった。扇子屋の家名を自分の代で絶えさせるわけにはいかない。じっと待った。やがて5歳上の、小柄だがキビキビした若者が現れた。それが又蔵さん。網元の息子で、9人兄弟の末っ子。旋盤工見習いだった。西宮で結婚式を挙げ、妻の姓を継いだ。

やがて又蔵さんが東京・大田区(昔は蒲田区)萩中で大手の下請工場を任されるようになって、関東に移り住んだ。一男二女に恵まれ、平穏な生活が続くかと思っていたら、戦争に突入。長野県・諏訪に従業員共々疎開した。敗戦で東京は焼け野原。諏訪からつてを頼って横浜へ。腕の立つ精密機械工の又蔵さんは、引く手あまたで、仕事が絶えることはなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,032位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,433

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から