日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


また仕事を続けていて多少の経済力があったからこそ、人を頼んで介護ができたということもあります。だから費用の点だけでも、介護保険で本当に助かっている家庭は多いと思いますよ。もし今、母が要介護認定を受けて、仮に介護度3とします。一割負担を考えても、私が組んでいたスケジュールよりいい介護ができて、費用もずっと安いのです。

 

介護への男性参画が政策を変えていく力に

 

それでも、やはり仕事か親孝行か、苦渋の選択をする女性は多く、まだまだ介護は女性中心です。

 

取材で知り合った人などから「退職して親孝行に専念することになりました」なんていうあいさつハガキが舞い込むと、残念でたまりません。私の経験では、孤独や不安に打ちひしがれそうになっても、仕事への意欲につれて介護する意欲もわいてくるのです。仕事を辞めるのは絶対反対。退職金や年金にも響いて、自身の老いを貧しくもしますからね。

私は介護保険制度のスタートは「社会的親孝行の時代」の幕開けと思っています。介護が社会化し、家族が心にゆとりを持って介護できるように、上手に利用して制度を育んでいけないものでしょうか。

 

前高槻市長の江村利雄さん、社民党副党首だった伊藤茂さんら、妻の介護に専念するため仕事を辞める男性か話題になりました。男性の場合は美談になるのに、同じことを女性がしても当然という風潮があります。

 

美談でも何でも、とにかくどんどん男性が進んで介護に参画して声を上げてくれれば、それは政策にも影響します。

結局、老いをどう生きるかは、それまでの生き方の集大成でしょう。若い時から家庭や地域にかかわりを持ってよい人間関係を作っておくこと。仕事人間だった私にとって、最後の数年間は、体はやせ細ったものの、弱い命をいとおしむ思いは、母からのプレゼントだと思えるほどで、心は満ち足りていました。こうした人間らしい体験を男性も味わうために、積極的に介護の現場に臨んでほしいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,009位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,532

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から