日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


厚生省の見解は以下のとおり。

「『保険料をまったく徴収しないのは、みんなで負担して支え合うという制度の趣旨に反する』として、低所得者の保険料を一律に減免したり、そのために一般財源を使ったりしないよう、市町村に文書で通知している。だが、『介護保険は市町村に任された自治事務だ』として減免に踏み切る市町村が多い」(一〇月一日付読売新聞)。

 

介護保険料減免の対象者

1] 震災、風水害などにより、住宅、家財などに著しい損害を受けたとき

2] 死亡、障害、長期入院などにより、収入が著しく減少したとき

3] 収入が、事業の廃止、損失、失業などにより著しく減少したとき

4] 収入が、干ばつ、冷害、凍霜害などによる不作、不漁などにより著しく減少したとき

(市町村の介護保険条例準則)

 

また、自治体の中には「『財政に余裕がなければ減免はむずかしい』などと、国による減免措置の一本化を求める声もある」(一〇月三日付日本経済新聞)という。

 

新たな“バラマキ福祉”に逆戻りも

 

減免する市町村で対象となる被保険者の数は、六五歳以上人口の一%程度。実施自治体の財政負担も、対象者の人数にもよるが小さな町村なら年間数万円から数一〇万円で済むかもしれない。しかし、弱者救済は住民受けし、首長の人気取り政策になるだけに全国に広がりかねない。その結果、全国三三〇〇市町村のうち一〇〇に満たない一握りの市町村の“バラマキ福祉”は、蟻の穴が堤防を崩すように介護保険を瓦解させる危険をはらんでいる。保険料を全額免除する市町村は、それによる穴を自治体の一般財源(税金)で埋める。

 

039-1.jpg

大森彌千葉大学教授。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,910位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
2,815

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から