日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


実施によって浮き彫りにされた課題

 

介護保険が実施されて半年後にクローズアップされた問題は、およそ次のように整理できるだろう。

1] 要介護認定のむずかしさ

2] 家事援助の範囲の明確化

3] ケアマネジャーの力量とその中立性の確保

4] 介護サービス利用の手控えとサービスの種類による需給ミスマッチ

5] 介護市場の予測を誤った民間企業の撤退と参入不足

6] 一部市町村による第一号被保険者(六五歳以上高齢者)保険料の減免

一部マスコミは、これらをセンセーショナルに報道している。しかし、それらはスキル(習熟度)の不足によって起きているのか、仕組みの初期故障か、あるいは制度の本質的欠陥かのどれに当たるのかについて冷静に見極めることが大切である。その中で、国が「創設の理念を損ない、制度の根幹にかかわる」として危惧しているのは保険料の減免である。なぜならば、それは自治体が「できる事」と「できない事」および「すべき事」と「すべきでない事」との線引さにかかわってくるからだ。また、それは介護保険について沈黙してきた六五歳未満の第二号被保険者を含めた市民に、地方分権と市民自治のかかわりについて判断を求める基本問題でもある。

 

波紋呼ぶ一部自治体の保険料減免の動き

 

読売新聞(一〇月一日付)によると、六五歳以上の低所得者からの介護保険料徴収を独自に減免する予定の市町村は、少なくとも全国で八○に上るという。このうち三一市町村は、保険料の全額を免除あるいは補てんするそうで「減免を行う市町村はさらに増えそうだ」(同紙)。朝日新聞は六七市町村、日本経済新聞の調査では実に二七三市区町村が条例などにより減免規定を設けている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,984位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
2,589

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から