日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


036-1.jpg

おばあちゃんの食事の手伝い。

 

036-2.jpg

一緒に花かご作り。

 

隔年ごとに「里孫」になれない学年が出てくるため、その学年には行事への招待やホームへの訪問給食などで対応しているが、来年度からはどの学年も行えるようにできたらと考えているそうだ。

島村正勝校長は「里孫制度」について、「子供たちへの願いとして、障害者や高齢者に対して強者と弱者の関係ではなく、対等の関係で、自然体で共に生きていくことを学んでほしい」と期待している。特別活動部ボランティア係の大島陽子先生と6年担任の小関真澄先生に実施状況を伺った。大島先生は、「里孫制度は、教員、PTA、社会福祉協議会、施設の担当者・ボランティア、地域ボランティアの方々など多くの方に支えられている」「学校にお招きする時は、こうしたボランティアの方々に連れて来ていただくので、安心している」と言う。小関先生は、「一緒に花かごを編んだり、抹茶をいただいたり、じゃがいもの煮方を教わったり、風船バレーや歌を歌ったりと相手の立場に立って一緒に楽しめる交流を考えている」と話してくれた。

「白十字ホーム」の副ホーム長の西岡修さんに施設の側の気持ちを聞いてみた。「初め、お年寄りの方がどう受け止めてくれるか不安だった。あるお年寄りが、自分に教育ができるだろうかと言いつつも快く引き受けてくれた。お年寄りも、ボランティアで子供たちの教育の一端を担うつもりでいるのだということがわかった。人には役割があることが大切であることを知った。お年寄りの不思議な力が、子供たちをやさしく素直な気持ちにさせ、また、子供たちの不思議な力で、お年寄りは元気をもらっているようだ」と言う。卒業後もホームを訪ねて来る子供もいるとのこと。子供たちがどのような大人になるか楽しみだ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,984位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
2,589

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から