日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

人間関係を育てる「里孫制度」

東京都 東村山市立化成(かせい)小学校

(取材・文/有馬正史)

 

今、子供たちのコミュニケーション能力が低下しているという。学校では多くの人材が教育に参加してきているのに、なぜなのか? 限られた時間の中で、その人たちとしっかりした人間関係が育っていないのではないだろうか。そこで、1人の人を時間をかけて理解し、人間関係を育てていく教育を実践している小学校を取材した。

化成小学校が、特別養護老人ホーム「白十字ホーム」と交流を始めたのは、1988年、音楽クラブの児童たちの訪問が最初であった。その後、学校と施設の相互訪問による交流が続けられたが、「もっと顔の見える交流ができないか」という地域ボランティアからの提案がきっかけで、91年の新学期から5年1組の40名の児童たちとホームのお年寄りとの「里孫制度」ができて、お年寄り1人に対し、児童2人が交流をするようになった。それが、学年の全3クラスおよそ90人の児童全員に広がった。そして、あるお年寄りの死をきっかけに、お年寄り2人に男女2名ずつの児童4人で交流をする現在の形になった。取材に伺った前日もお年寄りが1人亡くなり、里孫の児童たちがお別れのあいさつに行ったとのこと。お年寄りは、「死」までも子供たちに教えてくれる。5年生の1年間の取り組みでは、やっと、児童たちとお年寄りとの間に心のきずなができたころに終了してしまうため、6年生までの2年間継続する。卒業する時に、次の5年生がその交流を引き継ぐ。

 

035-1.jpg

「里孫」に囲まれて。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,032位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,433

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から