日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


●「介護支援専門員支援会議」発足

7月26日に初会合

ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格保持者は全国に約16万人いるが、過大な事務負担などから十分に機能が果たされているとは言いがたい。厚生省ではケアマネジャーを支援するために「介護支援専門員支援会議」を発足させ、7月26日に初会合を開いた。一方、青森県八戸市では7月24日に「地域介護支援専門員協議会」が発足、地域の関連分野と連携を取り、質の良いサービスが提供され介護保険が円滑に運営されるよう活動を開始した。介護保険の要ともいうべきケアマネジャーの充実に向けてみなで働きかけていこう。

 

●東京都か48区市町村の福祉事業に補助金

―自治体もアイデアの時代?

東京都では今年度新たに福祉改革推進事業の一環として、都が提示した画一的な事業でなく、区市町村が実情に応じて自主的に取り組む福祉事業に要する経費の一部について補助する制度を設け、8月15日までに48区市町村の376事業への補助を決めたと報道された。

各自治体から地域福祉サービスに関する独自事業を申請してもらったところ、20件近いアイデアを提出して数億円の助成を得て積極的な姿勢を見せる自治体もあれば、一つも申請しなかったところもあり、自治体間での熱意の差が際立ったという。介護保険制度をはじめ、これからは市町村の手腕がさまざまなところで問われてくる。自治体のアイデア次第で地域格差が広がってくる時代、住民側もしっかり関心を持って提言していこう。

ちなみに申請しなかったところはどこ? と聞いたが都ではまだ公表の段階ではないとのこと。情報公開の時代どんどん世間に公表したほうが市民の関心も高まると思うけれど、いかがですか?

 

●「手押し車歩行者交通安全ネットワーク」発足

―秋田県矢島町

シルバーカーを使用する高齢者が増えているが、秋田県矢島町ではこうした高齢者の安全を守るため、矢島署をはじめ町、老人クラブ、社会福祉協議会など8団体からなる「手押し車歩行者交通安全ネットワーク」が発足した。シルバーカーの高齢者への声かけや横断誘導など「一声運動」を行うほか、一人暮らしの高齢者の自宅訪問を行うなど心の交流を通して、高齢者の安全のみならず心も守ろうという狙いがあるという。

 

子供は母親をその笑顔で見分ける。

(ウェルギリウス)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,629位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,946

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から