日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


介護保険はどう動く?

使いやすい介護保険に向け改革に全力を注ぎます!

グループホームを全国二万五〇〇〇か所に「現場の声を結集する場にしたい」

 

公的介護保険が導入されてほぼ半年。紆余曲折を経てスタートした新しい社会保険制度だけに、国民の間に広く浸透しているとは言いがたい。介護の現場からは、早くも改革、改善を求める声が上がっている。二〇代の半ばから高齢者福祉の現場に飛び込み、日本人にふさわしい介護のあり方を模索してきた山井さんにとって、これからが出番である。本誌「さわやか対談」で、公的介護保険やグループホームの必要性を熱く語ってから約七年、着実に自らの思いを実行している山井さん。初当選の興奮冷めやらぬ中、政治家としての抱負を語ってもらった。

(聞き手/鎌田穣)

 

045-1.jpg

民主党・衆議院議員

やまのい高齢社会研究所 所長

山井和則さん

(やまのいかずのり)

1962年大阪府大阪市生まれ。86年京都大学工学部修士課程修了(バイオテクノロジー専攻)、同年(財)松下政経塾に入り、欧米、アジア諸国で現地実習をしながら高齢者福祉の実態を研究。92年スウェーデンの国立ルンド大学に留学。95年から奈良女子大学や立命館大学の講師を務める。98年やまのい高齢社会研究所(京都府城陽市)を設立。今年6月の衆議院選挙で初当選(民主党近畿比例区)。著書に『体験ルポ 世界の高齢者福祉』(岩波新書)、『スウェーデン発 住んでみた高齢社会』(ミネルヴァ書房)など多数。

奥様の斉藤弥生さんは大阪大学人間科学部の助教授。

 

痴呆症の認定を早急に改善

 

介護保険制度がスタートして半年近く経ちましたが、各方面からさまざまな問題点か指摘されています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,785位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,611

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から