日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


当世高齢事情 NO.17

公証人 清水勇男

 

お盆の墓参り

 

妻が「どう考えても変です」と言います。お盆にはご先祖様がこの家に帰って来ているので、お墓は留守のはずだ、その留守のお墓にお参りに行っても意味がない、と言うのです。89歳になる母は母で、お墓が留守で空っぽになるはずはないと頑張っています。

神無月にも同じ問題が起こります。毎年10月、神無月には全国の神様は全員が出雲大社に集合するというのですから、大社以外の神社には神様はいないことになります。そうすると、10月のお宮参りや神前結婚などは意味がないことになってしまいます。

わが家では、お盆が来ると、玄関の前に飛騨コンロを据え、小さく丸めた新聞紙に火をつけて苧殻(おがら)を燃やし、その火をロウソクに移して提灯にあかりを入れ、「ご先祖様、今年もようこそお出でくださいました」とか言って、見えない先祖の足元を照らすようにしながら仏壇に導きます。その提灯の火を仏壇と盆提灯のロウソクに移し、お線香を上げ、鐘を鳴らしてご先祖に挨拶をする。それから3日間、漆器の食器でご飯や吸い物、おかず、果物などを供えてもてなし、お盆が終われば送り火を焚いてお送りするという行事を毎年しています。この3日間のうちにお墓参りに行くのも慣例になっています。

「聞いた話だけどな、お盆には近いご先祖だけがやって来て、遠い先祖はお墓にいるんだと。10月には神様は出雲大社に集まるんだが、分霊が各神社に留まっているんで、別に矛盾はないんだそうだよ」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,766位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,622

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から