日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


市職員が訪問調査を担当

 

具体化の一例が、一次判定に向けて実施する訪問調査の担当者をすべて市の職員にしたこと。その理由について長寿社会課の小川正美課長(写真右側)は、「何よりも最初の調査が大切。民間事業者に委託したほうが楽だが、業者のひも付きになる可能性がある」と、その危険性を指摘する。市の正規職員は一人。このほか一年契約の臨時職員四人が調査員として申請者の家庭を訪問した。それぞれが保健婦やケアマネジャー(介護支援専門員)などの有資格者だ。五月末時点で調査員一人当たり約二五〇人、合計一二五五人の調査を終えた。

調査員の一人で保健婦の松澤晶子さん(写真左側)は、市職員が直接調査するメリットについて、「調査拠点が一か所(市役所)なので、調査員同士がその都度、問題のあるケースについて話ができます。その結果、調査基準のバラツキが次第になくなってきました。(豊富な蓄積があるので)何か問題が起きてもすぐに対応できます」と自信に満ちた表情で語る。調査を受ける高齢者とその家族にとっても、市職員が調査員として訪れるということで安心感があるようだ。

 

039-1.jpg

 

039-2.jpg

 

認定審査会に調査員が出席

 

全国共通の調査票を使って聞き取り調査を行い、必要に応じて調査票に特記事項を記入するのが調査員の仕事。犬山市の場合には、さらに要介護認定の精度を高める目的で、介護認定審査会(一次判定の結果や特記事項、主治医の意見書をもとに要介護状態を審査する)に調査員を同席させている。これは、調査員全員が公平・公正な視点で高齢者に接する市の職員だからできることで、所属する事業者への利益誘導の危険性がある民間事業者の調査員の場合はむずかしい。

同市の介護認定審査会には保健・医療・福祉の学識経験者で構成される合議体が二チームあり、週に二回審査を実施している。毎回四〜五人の調査員が同席し、調査票に記入した特記事項に関する審査委員からの質間に答えている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,771位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,679

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から