日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

キーワードは「学社融合」・「公民館」

長野県大町市立大町北小学校

(取材・文/有馬正史)

 

「学社融合」、聞き慣れない言葉だが、学校教育と社会教育が一部統合しながら、青少年教育を中心とした生涯学当たり、学習機会を提供しようというものだ。

長野県大町市で、学校と公民館が学社融合で、体験学習を行っているという全国的にも珍しい活動の情報を得て、大町北小学校を訪問し、研究主任の北澤佳伸先生に話を伺った。

大町北小学校は、社会福祉協議会やボランティア団体、障害者の方を指導者に、福祉教育を実践してきた。98年度後半からは、新たなふれあい体験学習が加わった。6年3組の児童は、社会科と家庭科の時間を使い、平地区食生活改善推進委員会の方々を招いて、江戸時代の料理を作ったり、5年生は子ども会で参加希望者が、縄文土器作りに挑戦したりした。99年度は、5年3組の児童とすずらん学級(養護学級)の児童が社会科や理科、道徳の時間を使い地元の人の協力を得て、そば作り(そばを知り、育て、刈り取り、試食するまで)を、年間20時間程度をかけて継続的に行った。

この体験学習は、98年度にできた学社融合推進姿員会(大町市教育委員会が設立)から生まれた。北澤先生は、その委員だ。「企画立案は、公民館主事の委員の方がされ、私は学校に持ち帰り、先生方に実施をお願いした。風通しの良い学校という風土ができつつあり、地域の教育力の活用に前向きだったこともあり、公民館と連携して、学社融合の実践に取り組むことができた」と言う。

企画立案者の一人である平公民館主事の成沢利博さんは、「大町市の公民館は教育委員会管轄で、平公民館では七宝焼やパッチワークの講座、サークル活動などの生涯学習事業を行い、子ども会育成会の事務局なども兼ねているが、学社融合推進委員会で、社会教育施設も子供たちの教育に積極的に取り組んでほしいという依頼を受けた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,766位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,622

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から