日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


ふれあいボランティア考

 

ボランティアの空気を広めよう

 

文京区音羽。昨年11月に幼稚園児殺害事件の舞台となった東京の音羽通り周辺を、先日仕事のついでにぶらりと歩いてみた。「幼稚園の“お受験”を境に凶行は起きた」、この事件は当初こう報じられた。しかし、ふたを開けてみれば原因は母親同士の「心のぶつかりあい」、というより容疑者の一方的な思いこみによるもの。お受験殺人はいわばマスコミの先走り報道だったようだが、確かに、それもなるほどと思わせるほど周囲には有名大学や付属幼稚園、小学校が集中している。

昼下がり。大通りを行き交う車の喧噪を離れて奥に入る。瀟洒な新築マンションと昔ながらの商店や民家が混在している街。人影少ない中、マルチーズ犬を抱いた中年のご婦人とすれ違った。どことなく優雅な雰囲気が漂うのも落ち着いた町並みゆえだろう。

どの町にもどの会社や組織にも、自ら醸し出す「空気」がある。こうした一見華やかな空気に地方から出てきた内向的な容疑者は自分を見失ってしまったのだろうか。

日本人は特にこの「空気」に影響されやすい国民だといわれる。協調性があるといえる反面、個を殺して時に背伸びをする。異論を表することはその場の空気を乱すことであり、大人げないと批判される。いじめも組織犯罪もだいたいはこうした見えない愚かな空気が呪縛の基になっている。しかし逆に考えれば、よい空気にだってすぐに同調するのである。幸い、ボランティアという新しい空気が浸透してきた。特別な活動から、誰もが普通に行う活動へと変化もしている。人の原点であるやさしさを栄養源としたふれあいボランティア活動にどんどん参加して、社会に温かい空気を広めていこう。どうせ大事にするのなら、私たちを幸せに導いてくれる空気を大切にしたいものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,067位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から