日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


介護保険制度を育てる利用者の積極性

 

今回S家では、限度額に十分余裕を持った単純なケアプランからスタートした。しかし、それでもこの大変さ。「内々に“禁止令”が出ている」(ある市担当者)と、都道府県レベルの締め付けまで耳に聞こえてくる。現状では残念ながら行く手に壁があり過ぎてケアプランの自己作成は非常に「狭い道」と言わざるを得ない。

ケアプランを自分で立てること自体に無理に固執する必要はないけれども、当初の懸念通り、現状ではケアマネジャーの中立性(さらに言えば利用者側に立った職務遂行)に多くの疑問が集まっている。

ある福祉用具関連の会社に勤めるケアマネジャーは、「給付管理などの事務作業に追われてもっとも大切な利用者のプランを立てるための時間が足りず、事業所に所属していては公正中立が保ちづらい。また一件六五〇〇円から八四〇〇円の報酬では、サービス部門で収益を上げないとやっていけない」とジレンマを訴える。必死に利用者の声を聞こうとがんばるケアマネジャーたちにも思うようにならないつらさがある。

今一番大切なのは、利用者の希望をしっかりとケアプランに反映させること。すべてを自分でやらなくとも、自分なりにしっかりと知識を持ち情報を集めた上でケアマネジャーに相談することが必要だ。その上で専門家としてのアドバイスや細かい事務処理をお願いするようにしてもいい。その途中で、困ったこと、疑間に思ったことなどをどんどん声に出して明らかにしていこう。積極的にかかわっていこうという利用者自身の姿勢が、より満足度の高い介護保険制度へとつながっていく。ひいてはそれが、心豊かな高齢社会の基礎となるのである。与えられる福祉から求める福祉へ、みなさんも一緒に社会を変えていきませんか?

 

*自己作成を積極的に支援する市町村の話題、自己作成に関するエピソードなど、情報やご意見もお待ちしています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,033位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,504

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から