日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


当世高齢事情 NO.15

公証人 清水勇男

 

伝家の宝刀

 

「先生、このありさまです」

三角巾で腕を吊るした忠雄さん(72歳、仮名)は、開口一番、言いました。次男の康夫さん(38歳、仮名)に腕をねじ上げられ、骨折したのだとのこと。それまでにも忠雄さんは公証役場に何回かやって来て、康夫から聞くに堪えない暴言を浴びせられ、こんな奴には一銭も残してやりたくない、何とかならないものかと憤慨していたのです。

こういう相談が意外に多いのですよ。麻雀狂の娘から金をせびられて断ると「くそばばあ、早く死んで遺産をよこせ!」とわめき立てられ、悲嘆にくれている老女もいました。

忠雄さん夫婦には、息子2人、娘1人がいて、長男夫婦と同居しています。長男は穏やかな性格で、会社でも重く用いられているとのことですが、次男の康夫さんは中学のころから粗暴な振る舞いが目立つようになり、仕事は長続きせず、パチンコ屋に入りびたりの毎日とか。それで金がなくなると、長男のいない留守を見計らっては金をせびりにくる。それを断ろうものなら「てめえ、それでも親か」「この家の財産は全部俺のものにしてやる。早く死ね。この役立たずのくそじじい!」などとののしるのだそうです。

民法には相続人の廃除の規定(892条)があり、たとえば親を虐待したり、親に重大な侮辱を加えたり、その他著しい非行があったときには相続人から廃除できるとされています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,865位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から