日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

地域の中心となる学校をめざして

〜4年目を迎えた余裕教室を活用した高齢者との交流〜

干葉県 四街道市立八木原小学校

(取材・文/柳久美子)

 

「お手玉上手になったね」

「練習したから。ねえ、3つでやって」

「昔はできたけど、忘れたねえ。できるかなあ」

学校の余裕教室を転用した余裕教室を転用した和室で会話が弾む。奥ではおはじき、廊下ではこままわし…。毎週月曜日に開かれる、喫茶「欅(けやき)」での子供たちとお年寄りの交流の一幕である。

四街道市立八木原小学校の余裕教室で、高齢者の交流の場として、喫茶「欅(けやき)」がオープンしたのは1997年1月だった。児童との交流については、食事の場であることと不審者の侵入や安全管理面を心配して、消極的な意見をもつ先生もいて、最初は壁を隔てたままでスタートした。約1年後、バザーの時の食事作りをきっかけに、扉が開かれ子供たちと高齢者の交流が実現した。「来る人はみんな地域の人」だから、何も心配はいらなかった。それよりも「子供たちがお年寄りと自然に接することができるようになり、地域の方ともいい関係ができた」と教頭の行方久雄先生は満足そうに語る。最近は生活科の授業で、喫茶でボランティアをしている方々に協力してもらったり、「欅」で毎年行われる「クリスマス会」で1年生全員が合唱したりと、双方向での支え合いが始まっている。

「欅」を運営しているのは、NPO法人たすけあいの会ふきのとう。在宅のお年寄りの方々の援助を中心に特別養護老人ホームでの訪問喫茶、病院での待合室ボランティアなどを行っている団体である。地域づくりのために毎年1回の公開討論会も欠かさない。代表である国生美南子さんには以前から「学校を中心にした地域づくりをしたい」という思いがあった。だから、積極的にかかわってくれたそうだ。八木原小学校ではこの余裕教室を利用して、高齢者との交流を3つの団体と協力して行っているが、子供たちが自分の意思で自由に交流しているのは、「欅」での活動だけである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,865位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から