日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


最も症状の重い「要介護5」では、月額三五万八三〇〇円の上限を設けていますが、独居老人の場合、身体介護から生活支援に至るまですべてのサービスをこの枠内で賄うのはむずかしい。

もうひとつ心配なのは、一〇%の自己負担のこと。差し当たっての軽減措置はあるにしても、本人にとってかなり重荷になると思う。年金収入が少ないため、十分なサービスを受けられない人が続出する可能性もある。

 

特養の経営については、どう見ていますか。

 

介護保険の施行で、経営はこれまで以上に厳しくなると予測しています。自治体から受けていた補助金が年々減っていき、いずれゼロになります。収入減をカバーするには、人件費を削減するしかないのでしょうが、パートを増やすとサービスの質は低下する。これまでのレベルを落とさないで、どう収支バランスを取るか―誠に頭の痛いところです。ただ、在宅介護は経営的に有利ですから、こちらのほうを拡充しながら、横浜にさまざまな介護拠点を数多く展開していきたい。

 

小さいことはすばらしい

―スモール・イズ・ビューティフル

もっときめ細かい介護ネットワークをを築き上げていくわけですか。

 

そうです。私は新潟の黒岩卓夫先生(開業医―4月号参照)の考え方に大賛成で、「スモール・イズ・ビューティフル」をモットーにしたい。つまり小型のグループホーム、デイケアセンター、居宅介護支援所、訪問看護ステーションなどを数多く配置して、ネットワークで結びます。

もちろん開業医、薬局、歯科医、旅行業者、コンビニ、買物代行業者、配食サービス業者、ボランティア組織などと手を組んで、お年寄りの生活圏に合わせた、使いやすいミニ施設作りをめざします。商店街の空き店舗が増えていますから、そこを利用させてもらう。資源の有効活用にもつながり、何より安上がりですよ。「人間サイズ」の施設こそ大切です。今から“ポスト介護保険”のビジョンを準備しておきたいのです。

 

046-1.jpg

“地域に数多くの介護拠点を”と精力的な日々を過ごす桜井さん。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,032位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
2,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から