日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

プラス1の子を共に育てよう

学校の教育力を高める主体的なPTA活動

静岡県金谷町立五和(ごか)小学校

(取材・文/有馬正史)

 

最近、PTA活動が停滞し、参加する人が減少しているという話を聞いた。そこで、改めて、学校とPTAの関係を考えてみようと、地域と連携したPTA活動が活発だという金谷町立五和小学校を訪問した。大石顯(あきら)校長とPTAの方2名が迎えてくれた。

大石校長に、PTA活動が活発になったきっかけを伺う。五和小は、生活科の研究が盛んで、現在は、生活科の理念を基に、家庭・地域と連携した「総合的な学習」に取り組んでいるが、協力してくれる地域の人材を探すのに、「教師には、異動があり、地域とのつながりが少ない。そこで、地域そのものであるPTAに協力を求めた」と話す。

96年度、PTAの「やらされる活動」に対して、学校側は、「自ら創り出す活動」への転換を提案した。その結果、PTAが変化し始めた。97年度から次々に積極的な活動スローガンを打ち出した。99年度は、「応援しよう。未来を拓く子供たちを!」という活動スローガン。そこで、主な2つの活動を紹介していただいた。

まず、エポスクール(EVERYBODY PLUS ONE SCHOOLの略)は、教師、家庭、地域の人たちが教育活動を通してかかわり合い、よりよい自分(今よりプラス1)を創り出していこうとする子供を育てていこうという活動で、福祉・ボランティア、芸術(工芸・芸能)、手芸、料理・菓子作り、趣味、スポーツ等、さまざまな分野で140名以上のPTA会員や地域の方々が人材リストに登録し、年間延ベ100人以上の方々が参加している。

加藤智子さんはPTA副会長で、子供が1人、五和小に通う。ボランティア活動の点訳の特技を生かして子供たちを指導した。「学校での子供の様子を見てみたい。できれば、子供たちに教えてみたい」と思っていた時に、学校から声がかかった。

一緒にやっていると子供たちの目が輝くんです」と加藤さんの歓びが顔からこぼれる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,091位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,365

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から