日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


ふれあいボランティア考

言わずもがな…?

 

以前、新聞に『日本の子供 しつけが最低』という記事があった。日本、アメリカ、イギリス、韓国、ドイツの小中学生を対象に文部省が行った国際比較調査で、社会ルールや道徳心に関するしつけが他国より大きく劣っていたという。「うそをつくな」「人に迷惑をかけるな」と親が子供に言う割合は最低。こんなことは社会の基本で言うまでもないことと考えられてきたが、本当に言わない間に、日本の子供は「友達のけんかをやめさせた」など正義感も最下位になってしまったというのだからおよそ困ったものだ。困ったものとは、つまり子供を叱れない親や周囲のわれわれ大人たちのことである。

ようやく最近、学校でもボランティア体験学習などに積極的に取り組もうという動きが出てきた。核家族で育った現代っ子たちも、たとえばお年寄りと接しているうちに、感謝される喜びを知り、自然に人を思いやる心を身に着けていける。ところが問題は大人たちだ。

「ぼく、もう行けないんだ…」、当時4年生というその子はぽつりとこうつぶやいたという。もう5、6年も前のことだが、ある会合で知り合った教師が嘆いた言葉が忘れられない。近くの高齢者施設にちょくちょく出かけていた彼らだったが、その子は親から中学受験のために「活動禁止」を言い渡されてしまったという。親はキャリアの役人だった。

その後、彼の消息はまったく知らない。願わくば、残念そうにつぶやいたその心だけでも忘れていないでほしいと思う。ふれあいのボランティア体験は人の心を大きくしてくれる。言葉で躾けられない上に、そうした体験の場すら奪われたら、いったい子供たちはどうやって人間として成長していけるのだろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から