日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


温かい心を形にしたシステム開発をめざす

 

システム開発というのは本来膨大なお金がかかる。「貧乏財団が手を出す必要があるのか?」、時に所内の会議でさえこうした声が起こった。それでも限られた資金と人数ながら、92年から在宅福祉サービス活動を支援する「さわやかさん」につながる研究開発が始まり、その後IN、IS、II、IIIと「さわやかさん」が誕生した。そして99年10月、汎用ソフトとしての最新バージョン「さわやかさんIII(3.1)」が完成した。この間さまざまな問題に直面した。ふれあいボランティア活動は非定型的でルールがない。最もパソコンになじまない性質の活動なのである。市場はそうしたソフト開発には目は向かない。また、効率を重んじる企業原理で開発された市販ソフトなら、それを使うことで草の根活動に一番大切な、心、独自性という特質を消されてしまう恐れがある。それでは市民の助け合いの輪は絶対に広がらないし、だからこそそこに財団が携わる意義があると考えている。市場原理や行政が動いてくれるのであればその内容をしっかりと見守りながら、草の根の心と活動を生かしたシステムづくりという方向性を明確に形づくっていきたい。

 

●主な活動

●コンピュータ部会(92年9月〜93年11月)●在宅福祉サービス団体支援ソフト「さわやかさん」の開発。「IN」(96年3月)、「IS」(97年3月)、「II」(97年3月)、「III(3.0)」(98年10月)、「III(3.1)」(99年10月)完成。

●上記テスト版ソフト利用に伴う団体支援(総件数76件)●財団ホームページの作成(99年7月〜)他

 

041-1.jpg

 

041-2.jpg

 

041-3.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,865位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
2,694

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から