日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


2005年戦略プロジェクト

全国でふれあい組織づくりを促進させる特別部隊

 

堀田 2005年をターゲットに一気にふれあい組織を広げようと、「上から下から横から」3つの方向性を持ってプロジェクトを始めたわけですが、予想以上の成果が出ていますね。

米山 草の根から見ても自治体や三協さんとの関係は変わってきましたよ。下からの働きかけで基盤となるインストラクター養成は各地で非常に前向きな候補が挙がっています。加速度的に広がっている感じですね。

和久井 自治体をどう動かすか、もちろん簡単ではないけれどもこちらが提言、情報発信すると相手からも情報が入ってくる。昨年のシンポジウムで参加者から「日本が動くのを感じた」という感想、うれしかったですね。

丸毛 前向きな反応を得ると達成感があります。ただ残念ながら市民団体との協働を真剣に考える自治体はまだ少数。具体例を持ってとにかくくり返しアプローチすることが必要だなと。

丹 横の連携を模索する「地域協同」でいえば一番前向きな取り組みがJA*さん。社協は大組織でなかなかむずかしいけれど、でも市社協と草の根との連携は現場同士生まれてきています。生協も動きが見え始めました。

山本 実験的試みとして「これからの福祉を考える会(横浜)」を昨年みなさんとつくって、8月には地元の農協、市民団体、生協等が一堂に会しての1日研修を実現できたのはとてもよい経験になりました。

米山 ある区民大学で言ったんです。市民団体のない所はこれから惨めですよと。そんな提言をすると、ぜひ力を貸してほしいという要望がかなりの行政から来るんですね。この手応えを大切にして、どんどん推進したいですね。

丹 今、山本さんと全国を回りながらいろいろな連携事例を集めていますので、それを地域の思いのある方々につなげていければと。和久井さんも米山さんも私もみな企業OBなので、そうした経験もうまく生かしながら働きかけていきたいですね。

 

*JA…農協

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から