日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


第2表 日本とカナダの待ち時間の我慢限度

101-1.gif

この表から類推できるのは、両国間の我慢の限度は、カナダの方が多少寛容なようであるが、ほぼ同じ傾向にあると見てよいであろう。今回の現地調査では、その他の先進諸国の実態を調べることはできなかったが、コミューケーション技術の進歩が一様に進んでいることを勘案すると、恐らく大差は無くなっているのではあるまいか。

 

III むすび

 

NPMの流れは、いまや先進諸国では年毎に国民の広い支持を集めている。もちろんわが国も行政改革の大枠として、公務員社会に民間の経営感覚を導入する意向が表明されており(たとえば平成13年1月18日、日経参照)、例外ではないはずである。しかし今回の2年間にわたる国際比較の調査研究のむすびとして、ぜひ言及しておかねばならない事実がある。それは、IT技術とグローバル化が進行する21世紀において、わが国の国家公務員は、少なくとも二つの大きなチャレンジを受けている点である。

その一つは、国境、官民、国籍、男女などの障壁が次第に低くなっている現在、これからの公務員、とくに国家公務員の役割はどう変わるのか、新しいヴィジョンを開く必要がある点である。この際新しく配慮しなければならないのは、いまや国政を担当するのはかつての民族国家指向当時のように、国内の政治や行政だけではなく、諸外国や民間、さらには各種のNGO(非政府機関)やNPO(非営利機関)など、ニュープレイヤーを加えなくてはならないことである。また新しい施策の展開には新しい血の導入が必要であるとし、官民人材交流が図られている。今回調べた5ヵ国においては、程度の差こそあれ、すでに制度的に定着している。わが国では、ようやく道は開けたばかりであり、今後一層の努力が望まれる。

いま一つは、NPM構想の中核は確かに「小さな政府」指向に関するチャレンジである。しかしいまや時勢はすでに、その目標は一体どこにあり、どのように達成するかを吟味する時期に到達している。わが国の行政は、国際比較の公式データによれば、第1次臨時行政調査会以来、公務員の雇用情況に関しては、先進諸国の中で最も低い水準にある。たとえばOECD(経済開発協力機構)の1999年公表の関連資料によれば、国内全雇用に対する公務員雇用の比率は、第3表のとおりである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から