日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


しかしこの研究プロジェクトでは、諸般の制約から専ら国家公務員に対する民間からの評価を調べることになっていた。とはいえ、折角の機会であるところから、最初にすべての公務員に対する国民の期待を概括的に調べ(第1〜3項目)、ついで後半(第4〜9項目)で国家公務員に対する要望を詳しく調べることにした。

また「市民第一」の調査では、この報告書の前文にはっきりと、これまでの調査では「市民の政府業務に対する概括的な認識ないしは態度を調べることが中心であった」と反省していた。したがって「市民第一」の調査のポイントは、「市民の目から見た特定の政府業務の成果を正確にはかる尺度を設定し、かつ市民に提供するサービスを改善するために、管理者は何をすべきかを確定する」ことに置かれていた。つまり市民の公務に対する概念的な意向調査ではなく、市民の目線に立って、どんな顔の公務員がどのようなサービスを提供すればよいのか、具体的な市民の要望に応えることを狙っていると理解した。そこですぐさま調査票の記入に際して、「顔の見える公務員像」を、「会社や団体の見解ではなく、民間の立場からあなたご自身の意見をお伺いする」狙いを、特別に要請したのであった。参考のために、この「日本編」報告書の最後に、国内版調査票を添付する。

 

2 国内版調査票の集計結果

 

(1) 各種公務員に関する回答(要約)

 

わが国の公務員は、国家公務員と地方公務員とに分類され、地方公務員は都道府県職員と市町村職員とに分かれる。ところが国民の公務員に対する評価は、はたしてどの区分の公務員に向けてのものであるか、はっきりしない。そこでこの際、上記3区分の公務員に関して、接触の多寡、印象、サービスに対する期待について調べてみた。(B-1〜4表参照)

 

1] 公務員の種類と接触の多寡

 

市民が公務員と接触するのは、なにかの公的な所用があるからである。ところが普通には、所用は専ら市町村レベルの第1線行政に関するもので、国家公務員との接触は少ないのではないかと考えられている。今回の調査ではB-1表のような結果になり、国家公務員との接触が意外にも多い反面、都道府県公務員との接触が少ないことが判った。行政の地方分権が話題になっている昨今、考えさせられるデータであった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から