日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


A-4表 性別

073-1.gif

 

A-5表 学歴

073-2.gif

 

これらの集計結果からみる限り、有効サンプルにはかなりな分布の偏りが見られた。特に年齢分布において、働き盛りの3〜40歳台が計19.6%であるのに反し、60歳台以上が53.8%と過半数を占めていた。これは今回、学識経験者に回答を求めたために、比較的に高齢者の方々が多かったからである。したがって分析過程において、この点を考慮するよう注意したところである。

このようなサンプルの偏りを念頭に置き、国内版の調査においては必要に応じ、クロスチェックを行ったところである。

 

2 国際版調査票関係

 

国際版調査票は、質問5項目に総合項目を加えた6項目の、比較的簡単なものであった。それは公務員制度の国際シンポジュームに使われた下記の学会の比較基準を参考にしたものであった。もちろんその学会の比較基準は、公務員制度の全般をカバーするもので、今回の調査の枠組みとはかなりな乖離があった。しかもわれわれの調査は、現地面接を前提としていたために、面接の糸口を探すために現行制度の評価から始め、これからの具体的な期待や要望は、面接の間に聴取するつもりでいた。しかし国内調査に当たっては、国際版調査票の5段階尺度を使った評価のほかに、相当数の自由な意見が寄せられた。これは恐らく、この国際版調査票の記入に当たって、同封した国内版調査票の詳しさに影響されたためであろう。その概要は後ほど、別の章で述べることにし、ひとまずここでは参考のために、学会基準と国際版調査票との項目を掲げることにする。

 

<公務員制度の国際比較基準> <国際版調査票の項目>

●公務の歴史的発展 ・現在の公務員に対する一般的評価

●公務と国内労働市場との関係 ・人事行政システムの評価

●公務員の選抜方法 ・人事行政機構の評価

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から