日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


(4) 公務における管理者の確保

 

財政再建の一環として、50歳以上の連邦職員は前記の退職促進措置(ERI)によって、早期退職が促進された。その結果、予想に反して有能な高級管理者層に早期退職者が続出した。そこで後継者の人選・開発をめぐって、中央人事行政機関の財政委員会と公務委員会とを慌てさせたという。そのためにカナダ管理者開発センター(CCMD)の活動を強化したということだったが、所詮人材の確保に関して、いわゆるグレシャムの法則の影響から逃れることはできなかった模様である。この国においては、公務員には労働3権が付与されており、給与については団体交渉による官民匹敵が図られている。こうした事情を踏まえて、すでにイギリスやアメリカと同様に、高級管理者層の給与引上げが認められ、業績給の拡充も行われた。しかし今回の面接の間に、依然として何度か高級公務員の薄給が話題になった。公務員の人材確保には、単に給与だけの問題ではないとはいえ、目に見える給与問題の重要性を痛感した次第だった。

 

VI むすび

 

この調査報告書は、短期間の現地調査の結果と、その前後に入手した各種資料とを総合して作成したものであるために、所詮は管見のそしりを免れ得ず、今後の研究に待たなければならない点は少なくない。しかし広大なカナダの整然とした首都オタワを訪問し、市内に色とりどりの熱気球が舞う実況を見たのである。ここに、この国に対する率直な感想を述べて、この報告書の結びとしたい。

それは一言にして、「カナダの21世紀は明るい」ということである。その関連指標として、この国の外国人に対する門戸開放の度合いを見てみよう。いまやわが国を含めた先進諸国においては、先端技術者の国際移動は実質的にフリーパスである。しかし一般労働者には、入国と就労に関しては何がしかの制約が課されている国が多い。ところがこの国の場合、移民受け入れの条件は極めて緩やかなようである。

 

<参考>オタワ市内タクシー運転手事情

今回のオタワ滞在中に、面接のために3度タクシーを使った。ところがそれらのタクシーの運転手は、3回とも出身国が違っていた。最初はレバノンからの避難民、次はルーマニアからの移民、最後の一人は原住民(アボリッジナル)系だった。近年大方の先進諸国で、この業種には同じような傾向があることを経験してきたが、これほどのことはなかった。

 

論より証拠、1998年のこの国における正規の手続による移民の年間入国比率は、人口1,000人につき6.3人だという。移民大国アメリカですらその半数の3.0人である。大卒以上の知識労働者を除く一般労働者に対しては、原則として門戸を閉ざしている日本の場合は、なんと僅かに0.36人に過ぎない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から