日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


東京がベースで、マリオン少年は本郷で育ち、小中高と日本の学校に通学した。グアム大学に入学して文化人類学を専攻。法政大と、ニューメキシコ大を卒業した。南カリフォルニア大学大学院で太平洋開発Pacific Developmentを学んだが、学位は取得しなかった。その後、京都大で法律を研修した。自分で石油会社を経営した後、20年間、アジア地域でインターナショナルな不動産開発に従事した。その会社が、現在の会社に吸収されたとき、役員に就任、専務に昇任した。近く東京に新会社を設立の予定である。

社会的には、ニューヨーク市のさまざまな活動で顧問などを務めている。東京の公立小学校に通学しただけに、日本語は上手である。

自分の子供は公務員にしたくない、とまずいう。出来が悪ければ仕方がないが、公務員になるのはいい職業だとは思わない。一般のキャリアで公務員になるのは、何があるだろうか。優秀なのがいるのか。公僕Public Servantの感覚がある。しかし一般には、公僕というと議員のイメージがつよい。

ただ、行政をうんと大雑把にいえば、一般の事業になりえない部分を受け継ぐのが公務員であって、アメリカの公務員という職業は、In Between Occupation(隙間産業)である。だから、国民は公務員を励まそうとしない。人々は公務員をばかにしている。上場している会社は公共的な存在であるから、公務員だけが公共性を担っているわけではない。しかも公務員は仕事が遅い。決していい評価ではない。質はよくない。もっとも隙間でしかないのだから、それでもいいようなものだが、しかし公務員という職業をやる人がいなければそれも困る。

その処遇からいえば、アメリカの公務員はよくやっているともいえる。ただし小さな権力を作りたがる性癖がある。それが隙間の権力だ。ただ、だれもがそこを通らなければならないから、そのような権力が肥大しないようコントロールする必要がある。

ただし、アメリカの公務員制度には、自浄効果がある。仕事のできが悪ければ、追い出される。公務員を辞める人がいるのは新陳代謝になる。辞めるのはレベルが高い人たちではない。

連邦レベルとローカルレベルの公務員の違いについても、考えなくてはいけない。連邦公務員は、コアの機能が統括機能に近い。基本的には指示機能Order Takerである。ローカル公務員は受令機能Order Receiverだ。たとえば、ニューヨーク市NYCでは、NYCパートナーシップ(日本でいえば経済同友会のような組織で、NYCに本杜がある企業で200―300人が参加して、ロビーイングなどをしている)という組織がある。参加者が知恵を出し合い、ネットワークを作っている。商工会議所からは外れているが、力のある委員会だ。たとえば、ホテル税を安くした。減税効果で宿泊料が安くなれば、観光客をひきつけることができる。具体的なデータはニューヨーク市が出す。また、警察官を街頭につねに出して、街の中を夜でも安心して歩けるようにすれば、観光客が増え、金を落とす機会も多くなる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
946位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
10,395

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から