日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


第52表 役職定年後の処遇

2] 産業別

075-1.gif

 

これを産業別にみると、「運輸・通信業」では「変わらない」が62.5%と高く、「関連会社へ出向(転籍)させる」の比率が高いことを考えると、そのような身分取扱いを通じて給料は「変わらない」という保証をしている様子がうかがえる。「運輸・通信業」を除く他の業種では、「製造業」が「下がる」の比率が平均を下回るほかは、全ての業種で「下がる」比率が80%を超えている。

次いで、「給料が下がる」とする企業に対し、重ねて「その程度」を尋ねた結果、回答があった企業全体の平均で15.8%となっている。最小値は3.0%(「製造業」、「卸売・小売業・飲食店」)、最大値は60%(「3・4千人台」、「金融・保険業、不動産業」)となっている。

企業規模別には特段際立った特徴は認められないが、これを産業別にみると、「金融・保険業、不動産業」は平均で24.1%と下がる率が最も高くなっており、「製造業」では平均13・7%と低い率になっている。

「電気・ガス・熱供給・水道業、サービス業」では最小値は20%で最小でも20%下がることを示しているが、最大値も25%でその幅は狭くなっている「運輸・通信業」では最小値も最大値も15%と変わらない。これに比べ「金融・保険業、不動産業」では最小値が10%であるのに対し、最大値は60%であるので、同業種でも個別企業間においてか、また、同一企業内でも従業員次第なのか必ずしも明確ではないが、役職定年に達した後の給料の取扱いに相当の格差があることを示している。

 

IV 賃金制度

バブル崩壊後のわが国の社会経済構造の大きな変革の中で、多くの民間企業では、国際的な競争力を高めながら、戦略構想力や高度の専門的能力を有する人材の確保・育成に努めるとともに、総人件費抑制によるコスト削減に努めつつ、従業員の志気の向上、経営への参画意識の高揚などを目指して、能力や成果・業績を重視する賃金体系への転換を図っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,599位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
5,384

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から