日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


次に、中高年者層については、「30歳代」、「40歳代」、「50歳代」に区分して変化を聞いたところ、「増えてきている」との回答は「50歳代」が25.6%と最も高く、続いて「30歳代」が16.6%、「40歳代」は11.1%であった。一方、「減ってきている」は、「30歳代」、「40歳代」は10%未満であるのに対し、「50歳代」は12.1%とやや多い。このことは企業によって「50歳代」の退職者が増え続けているグループと減ってきているグループに分化しているように思える。

(2) 今後の常用雇用者の退職動向〔第3図参照〕

常用雇用者の退職者は今後どのように推移していくのかを「若年者層」と「中高年者層」に分けて企業に尋ねたところ、次のようなこととなった。

今後「ますます増加する」は「若年者層」が23.7%で、「中高年者層」の18.5%を上回っている。逆に「今後は減少する」との答えは「若年者層」は3.8%に過ぎず、「若年者層」の退職者はこれからも増加する傾向が読み取れる。なお、「あまり変化はない」との回答は「若年者層」、「中高年者層」とも70%台であったので、総体としては、多くの企業はほぼ現状維持で推移するとみているようである。

 

第3図 常用雇用者のここ数年間の退職者数の増減状況及び今後の動向

007-1.gif

 

(3) 退職の理由〔第4図参照

なぜ退職するのか。その理由をいくつか用意して複数回答で尋ねた。まず、「若年者層」についてみると、最も多い回答は「自分の適性を活かせる仕事ではなかった」の83.7%で、いわゆるミスマッチが圧倒的理由になっている。また、「会社の処遇条件に不満がある」も43.6%にのぼり、いずれも就職に当たり研究不十分と思わせるものがある。率として2番目は「結婚」の60.3%で、女性の職場進出が取り上げられる中にあって、依然として結婚退職の実態がかなりみられることがうかがえる。

このほか「勤務時間が長く、個人の時間が取れない」という今時の若者らしい理由も28.7%あった。「他社から誘われて」の退職も24.1%あった。このうち最も大きな要因についてみても「適性を活かせない」の回答が49.7%で、「処遇に不満」と「個人の時間が持てない」の13.5%より断然高くなっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,599位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
5,384

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から